本文へ移動

移住の流れ

あなたの描く島暮らしを想像しましょう!

自分達のライフスタイルに合った移住計画・準備が必要です。
移住相談会や移住イベントに参加して頂く中で、移住後の生活を想像してみましょう。
まずは、現地に行って、現地の人に聞いて情報を集めたり、実際に生活することを想像して、体験することが重要です!
観光ではなく住むつもりで島を体感してください。同じ場所でも四季や環境によって雰囲気が異なります。全ての希望を満たす移住先を見つけることは難しいでしょうが、自分の新たな生活をイメージしてライフスタイルに合った地域を見つけてください。

目的や思いを整理してみましょう!

どんな暮らしがしたいですか?暮らしの条件は、ありますか?
PDFをコピーして記入用紙としてご使用ください。

移住までのステップ

step1 移住の目的を考えよう!

移住した先でやりたいことが明確になっていないと、
移住後に後悔することになるかも。「家庭菜園をしたい」「農家を目指したい」「海の近くに住みたい」など、目的がしっかりしていれば、住む地域や家、仕事などを選ぶときの判断基準になります。

step2 家族・パートナーに相談しよう!

家族は移住に賛成でしょうか?
一人で勝手に決めてしまうと、トラブルになることも。
自分の目的を伝えて、前もってお互いの希望を聞いておくことが大事です!

step3 情報を集めて目的に合う地域を選ぼう!

海に近い方がいいのか、町に近いところがいいのかなど条件をリストアップし、気候・ライフスタイル・移住支援制度など、自分の希望に合った地域を探すために、まずは情報を集めましょう。
東京都心に近い方は「NPO法人ふるさと回帰支援センター」を訪れるのもいいですよ。移住に関する情報がありますので、鹿児島担当者に是非ご相談ください!
 

step4 種子島に行ってみましょう!

交流住宅(短期滞在型住宅)や地域活性化交流拠点住宅をご利用いただいて、実際に種子島に短期間滞在してみませんか?
また、移住者の運営している飲食店や民宿などあります。知り合いが少ない方はそこで情報を集めてもいいかもしれません。
 

step5 住まい・仕事をみつけよう!

住居と仕事はどちらを先に決めてもかまいません。目的や地域に応じて探すのが一番です。
仕事は、ハローワークや地域おこし協力隊(募集時期によりますが・・・)など様々です。また、住居は、地域の不動産や空き家バンクを活用していきます。(リンク集に地域の不動産を掲載しています。)
 

step6 移住(引越し)・住んでみましょう!

転入手続きが済みましたら、移住生活スタートです!!
地域の人とコミュニケーションを図りながら、自分の故郷と思えるように生活して頂けたらと思います
 

▼お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0997-22-1111
空き家バンクに関することなど、不明な点は気軽にお問い合わせください。
島元気郷たねがしま
UIターン者支援協議会
〒891-3193
西之表市西之表7612番地
西之表市役所 地域支援課​内
TEL.0997-22-1111
FAX.0997-22-0295
市役所までのアクセス
TOPへ戻る